イギリスに行ったら立ち寄っておきたい3つの観光スポット

ヨーロッパで最も大きいロンドン・アイ

テムズ川のほとりにある直径135メートルの大観覧車で、ヨーロッパでは最も大きいです。1個のカプセルに25名も乗れるため1度にかなりの大人数が利用できます。大きいだけあって1周するのに30分ほどかかるため、じっくりと景色を楽しめますよ。なお、普通の観覧車ではゴンドラが吊り下げられる形になっていますが、ロンドン・アイは外側に突き出す形になっているのでより景色を眺めやすいのが特徴ですね。夜にはライトアップが行われます。

謎の多いストーンヘンジ

世界的にも有名なストーンサークルで、かなりの長期間にわたって建造が行われていたと考えられています。何のための施設なのかは、今でもはっきりとわかっていません。トリリトンと呼ばれる組石の大きさは約7メートルにも達します。ストーンヘンジには2種類の岩が使われていますが、その片方は約250キロも離れたところから運ばれてきたというのですから驚きですね。古代の人がどうやってストーンヘンジを造ったのかを想像しながら観光するのも面白いでしょう。

1日で回り切れないほど広い大英博物館

世界最大級の博物館で、収蔵品の数は実に約800万点にも及びます。そのため、1日ですべてを回り切ることはほぼ不可能なので、何回も通って楽しむことができます。毎日開館している上に無料で入館できるのも魅力ですね。また、実際に触れることができる収蔵品も存在します。展示品の中でも特に有名なのがロゼッタ・ストーンで、ヒエログリフ、デモティック、ギリシア文字という3種類の文字で同じ内容が書かれているという非常に珍しいものです。

イングランドの中央部に位置する丘陵地帯がコッツウォルズです。はちみつ色の建物で囲まれた村はまるでおとぎ話の舞台のように素敵な場所です。