子供の幸せな未来のために!命名で気を付けたい注意点3選

大人になっても違和感のない名前!

古来は、成長に連れて名前を変える風習がありましたが、現代の日本は生まれてからずっと同じ名前を使います。そのため、あまりにも可愛らしすぎる名前を付けると、大人になってから違和感がでてくる場合がありますよね。年齢を重ねるにつれ、名前に恥ずかしさを感じてしまうかもしれません。可愛いと思ってつけた名前で、後々居心地の悪い思いをしなくても良いように、子供の頃だけでなく、大人になった時のことも想定して命名するようにしましょう。

読み方がわかりやすい名前!

近頃は、音感で名前を決める人が増えており、好きな音感に漢字を当て字して命名をする人もありますよね。その際、読みにくい漢字を使ったり、漢字を普通とは違う読み方をするなどは、避けたほうが無難でしょう。難しい名前だと、子供が自分の名前を書くのも大変ですし、口頭で説明しづらく、自己紹介の時も大変な思いをしそうですよね。誰にでも読みやすく、書きやすい名前が、子供にとっても良い名前といえるのではないでしょうか。

インパクトの強すぎる名前は避ける!

名は体を表すというように、名前は、その人の人となりとして見られることも少なくありません。そのため、あまりにもインパクトの強すぎる名前は、期待値が高くなり名前負けしていると言われたり、ワル目立ちして揶揄われてしまうこともありますよね。良い印象だけでなく、悪い印象を与えてしまうこともあるので、個性的過ぎる名前の命名には慎重になったほうがよさそうです。目立ちすぎず、地味すぎず、というスタンスで命名しましょう。

赤ちゃんが生まれたときに行うのが命名です。赤ちゃんの幸せを願い、両親は素敵な名前をプレゼントします。